サバティカルからの帰国報告

2019/10/09

オスロ大学における半年間の研究滞在を終え、那須弘和准教授が9月末に帰国しました。那須先生からの報告を掲載します。

東海大学の特別研究期間(サバティカル)制度を利用し、2019年4月から9月までの半年間、オスロ大学(ノルウェー)に研究滞在しました。滞在中は楽しく充実した研究生活を送り、いくつかの成果を得ることができました。滞在の前半ではエンリケス多様体上の曲線の変形障害について研究を行いました。エンリケス曲面上の楕円ファイブレーション(と有理曲線)を用いて、エンリケス多様体上の曲線が変形障害を受け、ヒルベルトスキームが非被約成分を持つための十分条件を与えました。滞在の後半ではノルウェー人数学者のJan Oddvar Kleppe教授(写真)の与えた予想(’87)の解決にむけて取り組みました。この予想は空間曲線のヒルベルトスキームに関する予想で、曲線の2次正規性を仮定すると予想が成り立つことを証明しました。滞在中に得られた研究成果を2本の論文にまとめ、1906.103901909.08452としてarXivにおいて発表しました。論文を仕上げていく過程で、Kleppe教授から直接コメントを頂き、論文をより良い形にまとめることができたのは非常に幸運でした。また機会があればノルウェーを訪れたいと感じています。