理学研究科 数理科学専攻 情報数理学コース の大学院生が国際会議で発表

 

情報数理学コースの大学院生(城所康久君、岸田大作君、串間花乃咲さん、金田圭介君、大河健司君)が、米国・ハワイのTokai University Pacific Centerで開催された「3rd Pacific Workshop on Discrete Mathematics」(2010127日~20101210日)において研究成果の発表をしました。この会議では、34名の参加者と3件の招待講演、26件に一般講演があり、活発な議論がなされ、多くの研究成果があがりました。

修士課程の12年生である城所康久君、岸田大作君、串間花乃咲さん、金田圭介君、大河健司君は、各々これまでの研究活動で得た研究成果を発表しました。慣れない英語でのプレゼンテーションでしたが、しっかりと自分の研究成果を発表しました。講演に関しては、多くの質問がなされ、今後の研究に対して有用な意見が寄せられました。

講演終了後、かれらの講演に関して、「しっかりとしたプレゼンテーションでしたね。」、「いい研究成果ですね。研究に興味がわいてきました。」等のコメントが寄せられました。初めての研究集会での発表で、それも国際会議という非常に緊張する中での発表でしたが、評価の高い研究発表ができたようです。