33回海外研修航海

 

 

東海大学の海洋調査船望星丸を利用した第33回の海外研修航海が、2002215日から2002331日の間行われました。マジュロ、バヌアツ(エフェテ島)、ニューカレドニア(ヌーメア)、ブリスベン、ポンペイと南太平洋の国々を巡る45日間の航海でした。私はこの研修航海に副団長として参加しました。3年前の第30回海外研修航海に団役員として参加して以来の2回目の海外研修航海への参加です。30回はアイランド・ホッピングで、小さな島々(9個の島)を巡ったのですが、今回は、珊瑚礁の島(マジュロ)、やや大きい島(エフェテ島)、かなり大きな島(ニューカレドニア)、大陸(ブリスベン)、高い山のある島(ポンペイ)とバラエティに富んだ場所を巡りました。これから、何回かに分けてこの研修航海についてご報告したいと思います。

 

(1)            清水出港まで   : 2月15日 清水港出港

(2)            望星丸の一日

(3)            マジュロ      : 2月23日~2月25日

(4)            赤道通過(赤道祭、スポーツ大会)

(5)            バヌアツ      : 3月 2日~3月 4日

(6)            ニューカレドニア : 3月 6日~3月 9日

(7)            ブリスベン     : 3月12日~3月15日

(8)            ポンペイ      : 3月21日~3月24日

(9)            清水帰港(洋上卒業式、ホエール・ウォッチング、帰港式) :3月31日 清水帰港

(10)       体験報告

(11)       写真展

(1)            練習生卒業

(2)            34研修航海

 

ヌーメアで見た夕日

 

 

45日を過ごした望星丸