カリキュラム

情報数理学科では, 1年次(1セメスター, 2セメスター)で基礎科目を, 2年次(3セメスター, 4セメスター)で基礎発展科目を学び, 数理科学演習という学科のコア科目を通して, 数学と情報の融合した科目を学びます. 3,4年次で専門科目を学び, ゼミナールを通して専門力・実践力を強化します.

1年次の入門ゼミナールでは, 大学での学びの方法を学び, 最先端の理論に触れます. そして, ゼミナールでは, 学科の学びのまとめとして, 卒業研究を行います. また, 学びの分野は情報系, 代数・幾何系, 離散系, 解析・確率統計系にわけられます. それぞれの分野で数理科学と情報科学の種を育てます.

各分野の詳細はQ&Aをご参照ください.

 

情報数理学科の教育研究上の目的及び養成する人材像

 理学部情報数理学科の教育研究上の目的は,大学・学部の教育目的に沿って,高度情報化社会に対応するため,「数理科学および情報科学の基礎知識と専門性に対応できる基礎力」「数理から情報にかけて蓄えた知識を応用する力」「幅広く現象や情報を収集・解析し,人と協力して問題に対処する能力」をもった人材を養成することです.

情報数理学科のディプロマ・ポリシー

 理学部情報数理学科では,以下の能力を備えたと認められる者に学位「学士(理学)」を授与します.

  • 『知識・理解』
    数学と情報に関する基礎知識,専門性に対応できる基礎力を有している.
  • 『汎用的技能』
    数理と情報についてのセンスを身に着け,蓄えた知識を応用することのできる能力を有している.
  • 『態度・志向性』
    現実世界の様々な現象や情報を幅広く収集・解析し,人と協力して問題に対処する能力を有している.

 なお,東海大学全体のポリシーについては,こちらをご参照ください.