2019年度秋学期修士論文公聴会

2020/02/07

2019年度秋学期修士論文公聴会が,2月5日(水)に18号館1階のサイエンスアナトリウムにて開催されました.講演者は2名で,発表時間は講演20分質疑応答5分でした.
1番目の平澤実生さんは「空間グラフ内の分離不可能な絡み目の個数」について発表されました.次の藤井美珠妃さんは「バーチャルリアリティ教材を用いた教育実践とその評価—斜方投射アプリでの実践を通して—」という題目でした.
お二人とも,2年間の研究の集大成となる素晴らしい講演で,無事審査を通過されました.