2年次の青木優太さん所属の東海大学ローバースカウト隊のご紹介

2020/10/26

 青木さんは地元の平塚で,小学1年生からボーイスカウトで活動されていたため,東海大学ローバースカウト隊は身近な存在だったそうです.そんな青木さんが大学入学後にローバースカウト隊に入隊すると4年次生1名だけで廃部寸前.その後入部者が増え,現在は青木さんがリーダーを務め,9名(内1名は1年次生.男女比4:5)で活発に活動されています.
 最新号の「BAB NEWS」(東海大学の生活情報マガジン)に青木さんのアウトドアクッキングが紹介されていますが,現在,ほとんどの授業が遠隔であるため「BAB NEWS」を手にとる方が少ないので,学科HPで宣伝させて頂くことにしました.
 同団体はFBからも情報を発信されているので,覗いてみてはいかがですか?雪中キャンプや,美味しそうなキャンプ飯の写真が多数掲載され,眺めているだけで楽しそうです.

 

(※1)ボーイスカウト活動には各年齢層に応じ5つの部門があり,その一つとして18歳以上25歳以下の青年を対象としたローバースカウト隊があります.自身がそれまでに得た体験や知識,技能を基に「社会や世界の課題」に挑戦していき,他の人々に「奉仕」することで自らの成長に繋げ,自分自身の将来の目標や社会との関わりについて考え,行動する力を養います.

 

(※2)東海大学湘南学生会の東海大学望星会に所属している公認団体です.

写真1:最新号のBaB newsに青木さんの記事が掲載されました.
写真2:左側が,昨年度の表丹沢野外活動センターでの1泊2日の夏期キャンプ.
ルーを用いないビーフシチュー,パンから作ったハンバーガ作り.
右側は,普段湘南キャンパス内での技能訓練(17号館前),部室での会議,
建学祭での展示.
写真3:4泊5日の国立那須甲子青少年自然の家で冬期雪中キャンプ.
左側が食事の風景.クリームシチュー,卵かけ納豆ご飯とお味噌汁など.
右側が訓練の様子.早朝一人での薪割り,雪中テントの設営,
日中はスノーシューハイク体験.