ゼミナールとはどんな科目ですか?

2010/02/24

ゼミナールは, 学生と少人数の学生が一緒になって勉強や研究をする科目です. 情報数理学科では, 3年生の後半から 4年生の 1年半をかけてゼミナールをおこなっています. ゼミナールの説明は, こちらのページの1年半の卒業研究の項目にもあります.

解析・確率統計系では何を学ぶのですか?

2010/02/24

解析学は, ライプニッツやニュートンによる微積分から発展し, 20世紀から21世紀に至る科学の発展の中心になっているもので, 理工学をはじめ, 生物の分布を調べたり, 経済の動きを調べたりするために使われています. 微積分から微分方程式など解析学の基礎を学びます. 解析学とコンピュータを結びつけた数値解析は, GPS等の現在位置の計算, 数値制御機械の制御, 気象等の観測データの解析等応用範囲の広い学問です. 数学I(方程式と不等式, 二次関数, 図形と計量), 数学II(式と証明・高次方程式, 図形と方程式, いろいろな関数, 微分・積分の考え), 数学B(数列, 数値計算とコンピュータ), 数学III(極限, 微分法, 積分法), 数学C(式と曲線)等の高校で学んだ内容の発展と考えていただければよいと思います.
統計学は, 調査データを収集し, それを解析することによって, 全体像を探り出そうとする学問です. 統計学はさまざまな社会の領域で活用されていて, 例を挙げると医療データの解析, 社会調査データの解析, スポーツデータの解析, 製薬会社での臨床試験, 地震予測, 品質管理等と多岐にわたります. データ分析は現代社会の至るところで求められています. 高校では数学B(統計とコンピュータ)や数学C(統計処理)等でその基礎を学ぶことができます.

確率論はさまざまな場面での将来予測に利用されている学問です. ブラック・ショールズの方程式は確率微分方程式を利用した確率論の金融工学への応用のひとつです. また, 気象予報のようなシミュレーションの場面でも利用されています. 現代社会で求められている学問のひとつと言えます. 高校では, 数学A(場合の数と確率), 数学C(確率分布)等でその基礎を学ぶことができます.
この分野では次の専門科目を開講しています.

  • 解析学
  • 解析学とその応用
  • 数理統計学
  • 確率とその応用
  • シミュレーション

論理・離散系では何を学ぶのですか?

2010/02/24

計算機は, 数学者チューリングによって考えられたチューリングマシンを実現したものとも考えられ, 数理論理学は計算機の発展を支えてきた重要な分野の一つといえます. 計算機の基本的な動きを考えるオートマトンやデジタル回路の設計に生かすことができます. また, ファジー理論や自動翻訳等への応用もあり, 物事の動きの基本を学ぶ分野といえます. 数学A(集合と論理), 数学B(数列)等の高校で学んだ内容の発展と考えていただければよいと思います.

離散数学は, コンピュータと共に発展している新しい分野です. グラフ理論, 整数計画法等, 高校数学では触れられていない分野を学びます. カーナビ, 物流(サプライチェインマネージメント), HPの検索ランキング, 人間関係を考える複雑ネットワーク等に離散数学は利用されています. 離散数学は, 現代社会のさまざまな場面で利用されている応用力の高い「役立つ数学」です. 内容は高校で学んだ数学A(集合と論理, 場合の数と確率), 数学B(数列), 数学C(行列とその応用)等の発展と考えてください.
この分野では次の専門科目を開講しています.

  • オペレーションズ・リサーチ
  • ネットワークと最適化
  • グラフ理論
  • 数理論理学
  • 論理学とその応用

代数・幾何系では何を学ぶのですか?

2010/02/24

代数学は, 数の代りに記号を用いて, 数の性質を調べる学問です. その中で, 加減乗除などの演算が織りなす豊かな世界を表現したものが, 群・環・体です. デジタル信号に使われる符号理論, ロボットを巧みに操る制御理論等, 現代社会での応用は枚挙に暇がありません. 数学I(方程式と不等式, 二次関数), 数学II(式と証明・高次方程式, 図形と方程式), 数学B(ベクトル), 数学C(行列とその応用)等の高校で学んだ内容の発展と考えていただければよいと思います.

幾何学はユークリッドの時代から現代に到るまで活発に研究されている数学の一分野です. 研究の手法と対象も非常に広範囲に及び, コンピュータサイエンスにも沢山応用されています. 幾何学的手法はコンピュータグラフィックス, 画像処理だけでなくデータベースやそれ以外の分野にもたくさん使われています. 数学I(図形と計量), 数学A(平面図形), 数学II(図形と方程式, いろいろな関数), 数学B(ベクトル), 数学C(行列とその応用, 式と曲線)等の高校で学んだ内容の発展と考えていただければよいと思います.
この分野では次の専門科目を開講しています.

  • 代数学1
  • 代数学2
  • 応用代数学
  • 整数論と暗号

情報系では何を学ぶのですか?

2010/02/24

情報では, コンピュータや情報システムについて学びます. コンピュータに代表される情報機器は, 現代社会の至るところで利用されています. それら情報機器の操作を身に付けることはもちろん, 情報機器を組み合わせて構成される情報システムの構築, 普段何気なく使っているインターネットの仕組み等の多岐に渡たるIT(情報技術)スキルを学びます. ここで学習したITスキルを基に, 現代社会で活躍できる能力を育みます. 高校で学んだ情報や数学B (統計とコンピュータ, 数値計算とコンピュータ) とは一味違った情報にふれることができます.
この分野では次の専門科目を開講しています.

  • 人工知能A,B
  • 応用情報処理A,B
  • コンピュータアーキテクチャー
  • データベース
  • データ構造とアルゴリズム1,2
  • 上級プログラミング