高阪准教授がポーランドで開かれた国際会議で研究発表

2015/09/26

ポーランドのトルンで2015年9月14日から9月18日まで開催された国際会議「VII  Symposium on Nonlinear Analysis」に高阪准教授が参加し、「Metric Aspects of Fixed Point Theory」に関するセッションにおいて研究発表を行いました。

高阪准教授の発表の表題は「An implicitly defined iterative sequence for maximal monotone operators in Banach spaces」であり、バナッハ空間における単調作用素の零点近似法とその応用について得られた成果を報告しました。

講演中の高阪准教授

講演中の高阪准教授