卒業生からのメッセージ

2009/07/29

この4年間は時が進むのが速く感じました。キャンパスライフ、サークル、アルバイトなど色々あったからだと思います。入学当時は大学の授業(特にプログラミング)になじめず、慌てましたが2セメ以降は、大学になじめたと思います。そんな大学生活ですが、私にとっての分岐点はやはりゼミナールの始まる6セメでした。M先生による厳しい課題+就職活動で心身ともに疲れる時期でした。しかし、今になっては良い思いです。M先生のスパルタも社会人になってから苦労しないようにする一種の愛情表現だったと思います。

最後に在校生の皆さんへ、数学と情報処理の二つの分野ができることは就活ではとてもいい武器になります。今はいろいろと厳しい時ですが、後悔しない大学生活を送ってください。

S.T.