修士2年の川谷 元君(情報数理学コース)が,グラフ理論の国際研究集会で発表

2013/12/06

修士2年生の川谷 元君(土屋研)が,横浜国立大学で11月20日に開催された25th Workshop on Topological Graph Theory(TGT25) (http://tgt.ynu.ac.jp/tgt25/) において講演を行いました。

川谷 元君の話:今回の講演は「On strict-double-bound numbers of graphs and graph operations」というタイトルで,半順序集合に関する intersection graph についての構成や特徴について講演を行いました。 私にとって二度目の英語での講演でしたが,多くの方から意見を頂き,良い刺激を受けました。 国内外から多くの研究者が集まり,活発な講演や討論が行われ,有意義な国際研究集会でした。

川谷君の主定理の解説スライド

川谷君の主定理の解説スライド