浜田くん(修士1年)がエレベータの省エネ運行について学会発表

2015/07/17

岡山県で開催されたAAI2015(先進的応用情報学に関する国際会議)において,7月13日に飯塚ゼミ修士1年の浜田君が”Saving Energy by Reducing the Number of Elevators in Service: Analysis of Effectiveness Using Multi-agent Simulation”
という題目で発表を行いました.
夏場になると,省エネのためと称してエレベータの運行台数を減らす光景がよく見られます.しかし浜田くんのコンピュータシミュレーションによると,特殊な条件では,エレベータ運行台数を増やした方が省エネになる現象が観測されました.
会議ではその非線形の現象について報告を行いました.2015-07-13 14.45.31