ベルリンより、留学生活報告(6)チューリヒ訪問

2019/03/11

2月15日㈮で冬学期の授業がすべて終わり、3月16日㈯から4月の第一週目まで春休みとなります。この春休み期間中は語学の勉強からすこし離れ、ドイツ語圏内もしくはドイツ周辺国の文化、社会情勢、風習を勉強する目的として、様々な地域、国を訪れる予定です。

先日ベルリンから飛行機で1時間30分ぐらいのところに位置する、スイス最大の都市チューリッヒを訪問致しました。そこで得られたことを報告させていただきます。

チューリッヒで使われているスイスドイツ語は、スイスで使われているドイツ語の方言です。現地の人が話しているドイツ語を聞き取る努力をしましたが、単語も文章全体のメロディーもベルリン市内で聞こえてくるドイツ語とはかなり違ったため大変でした。

治安はとてもよかったです。現地での支払いはユーロでも支払うことができましたが、おつりはスイスフランが返ってきました。電車は、 ベルリン同様にどの駅にも改札口がなく、切符の種類もベルリンとほとんど一緒でした。

Altstadt(旧市街)のみならず、街全体が石畳で、路地裏に入ってしまうと、車も入ってこられないくらい高低差が激しい町でした。中世の建築物が多く、いたるところに教会があり、ステンドグラスが綺麗な教会や、古代ローマの文化に影響された教会もありました。

チューリッヒはベルリン同様に国際色豊かな街(特にドイツ、オーストリア、フランスの文化が入り混じていると思いました)で、芸術と自然で豊かな街でもあると思いました。

グロースミュンスターからの街全体の眺め
グロースミュンスターからの街全体の眺め
Sバーン
Sバーン
ローマ文化の影響を受けた街並み
ローマ文化の影響を受けた街並み