ベルリンより、留学生活報告(4)クリスマス

2019/01/09

東海大学留学制度を利用して、ドイツへ留学中の情報数理学科の池田麻奈美さんよりドイツの生活についての紹介がありました。

 ベルリンは、クリスマーケットで賑わうシーズン(今はクリスマスに近づきクライマックシーズになっています)となりました。 私はこの一か月でベルリン市内のクリスマスマーケット6か所を回り、それぞれの地域のマグカップを集めてみました。マグカップには、それぞれの地域の観光スポットやクリスマスマーケットの風景がプリントされています。地域によってマグカップの形も色も柄も異なるので、残りのクリスマスマーケットの期間でどれだけ集められるのが楽しみです。

クリスマスマーケット
マグカップ

 先日、ペルガモン博物館を訪れた際、館内で入場者数をカウントしていた学芸員の方と知り合いました。その方に、ドイツ語で「ペルガモン博物館は1年を通していつが閑散期なのか」と質問したところ、寒くなる冬、特に2月、3月が閑散期と教えていただきました。ドイツと日本の文化の違いって何なのかまで話が発展し、最後には、私だけに無料のガイドツアー(話しかけたときから終わりまですべてドイツ語です)もしてくださり、非常に充実した日を送ることができました。
 このような会話は、ドイツにいる時にしかなかなかできないことなので、引き続き今後も会話量、会話力を増やせたらと思っております。

ペルガモン博物館

 先日、日本人のお友達と一緒に、ベルリンに来て初めて(海外に来て初めてです)映画を映画館で観ました。その時に見た映画は、ボヘミアンラプソディー(ドイツ語版)です。
 私は元々、Queenが好きだったので、フレディ・マーキュリー、Queenの生涯は知っていました。ドイツ語で見てもある程度の流れは把握できましたが、細かな単語やシーンを理解するのには少々大変でした。ドイツ語を勉強している私には、机の上での勉強以外にも、好きな映画などをドイツ語で見て語学力向上させるのも非常によいと思いました。

 今週の土曜日より、学校は冬休みとなります。 冬休み期間は、タンデムパートナー(母国語を習っている言語で教え合うパートナーのこと)の自宅でクリスマスを迎えたり、ベルリン市内から1時間で行けるポツダム市に日帰り旅をしたりする予定です。
 海外で新年を迎えるのは初めてなので、楽しみなこともたくさんありますが、夜暗くなっての外出・人込みへ外出は控え、安全に楽しく私らしい冬休みにできればよいなと思っております。