ベルリンより、留学生活報告(2)サマーコース終了

2018/12/09

東海大学留学制度を利用して、ドイツへ留学中の情報数理学科の池田麻奈美さんよりドイツの生活についての紹介がありました。

昨日10月5日㈮に無事サマーコース(セメスターの準備のための集中講義)が終了し、 本日からは約2週間のオリエンテーション期間(履修登録の仕方などのガイダンス期間)が行われる後、10月下旬ごろより本格的な冬セメスターが始まります。また、保険や入学手続きも順調に進み、残る必要な手続きは学生ビザの取得と履修登録のみとなりました。

冬セメスターからフンボルト大学の数学科の講義を受講することができます。受講するのは大変と思いますが、チャレンジとして講義を受けてこようと思います。

また、数学科の講義以外にもさまざまな講義を受講することができるので、ドイツから日本はどのように思われているのかをディスカッションする授業(文学部日本文学科の講義)にも参加してみようと思います。

フンボルト大学の写真

フンボルト大学

数学科と応用数学科

数学科と応用数学科