研究室(離散数学・グラフ理論)での卒論発表会

2018/02/02

1月22日(月)に専門分野が「離散数学」「グラフ理論」の研究室(土屋教授)において卒業研究の発表会がありました。

離散数学およびグラフ理論の理論の様々な場面への応用についての研究が発表されました。

「Googleのランキングの手法によるセ・リーグのランキングへの適用、W杯48チームの日程作り、到達可能行列をふまえた強連結分解等」の研究が発表されました。

 

土屋研究室卒論発表会の様子

 

数理科学専攻修士論文公聴会が実施されました

2018/02/01

2月1日に18号館サイエンス・フォーラムにおいて,理学研究科数理科学専攻の修士論文公聴会が実施されました.情報数理学コースからも鈴木君が「確率的投機計算手法のGPU上での実装と評価」,田代君が「Posetの上界と下界の関係から構成されるグラフについて」という題目で研究成果の発表を行いました.

 

公聴会で発表する大学院生

 

 

飯塚ゼミ卒論発表会を実施

2018/02/01

飯塚ゼミ4年生5名は1月29日に,東海大学システム研究会において,卒業研究を発表しました.今年の飯塚ゼミの卒業研究は,ディープラーニングを使った線画彩色,自然言語処理,災害避難,人工知能を使った人狼エージェントなど多彩なテーマがあり,発表では活発なディスカッションが交わされました.

 

 

研究成果を発表する4年生

 

大学院生との共同研究を日本数学会で発表

2018/01/16

土屋守正教授が大学院生の田代慎一郎君(東海大学大学院理学研究科数理科学専攻)  と 
の共同研究の成果を,
9月11日から14日に山形大学で開催された日本数学会 秋季総合分科会において
「On series parallel orders and strict-double-bound graphs」
の題名で研究発表をしました.

大学院生との共同研究を研究集会で発表

2018/01/16

土屋守正教授が大学院生の田代慎一郎君(東海大学大学院理学研究科数理科学専攻)  と 
の共同研究の成果を,
12月14日から16日に龍谷大学で開催された応用数学合同研究集会において
「Posetから構成されるDouble Maximal Graphについて」
の題名で研究発表をしました.