速報: ロボカップ2014世界大会進出決定

2014/03/10

情報数理学科飯塚ゼミのチームtokA1は,本年2月にオンラインで実施された Quarification(予選)を通過し,7月にブラジルで行われるロボカップ2014世界大会シミュレーション2D部門に進出することが決定しました。(シミュレーション部門については,http://www.robocup2014.org/?page_id=928 と http://wiki.robocup.org/wiki/Soccer_Simulation_League を参照してください。)

チームtokA1は2013年度の国内大会でも圧倒的な強さを誇っていましたが,強豪がそろっている世界大会でどれだけ戦えるのか,注目したいところです。現在,飯塚ゼミの3年生の小山君と鈴木君が参加に向けてさらなる調整を行っています。

ロボット・アスリートCUP2014 in「 はまぎんこども宇宙科学館」で 3部門優勝

2014/02/05

2014年1月25日と26日に「はまぎんこども宇宙科学館」で,「ロボット・アスリートCUP2014」(http://www.robotyuenchi.com/athlete-cup2014.html)が開催されました.情報数理学科の自律歩行ロボットの研究チーム(松本研究室)が出場しました.4年生の嶺さんが20m走行競技で,3年生の我妻君がビーチフラッグ競技で優勝しました.また,AIBOコーチングスタッフが自由パフォーマンス部門で優勝しました.

我妻君の話:「優勝することができましたが,内容は決して満足できるものではありません.今後の機能拡張に力を注いでいきたいです.」

競技会風景

競技会風景

川谷君(修士2年)が「upper bound graph」について学会発表

2014/01/17

龍谷大学瀬田キャンパスで 2013年 12月 19日から 12月 21日の間に行われた応用数学合同研究集会2013 (詳細HP: http://mmc01.es.hokudai.ac. jp/CAM/2013/) の 12月 20日午後のセッションで川谷 元君(修士 2年,土屋研)が「Upper bound graphについて」という題目で学会発表をしました。

川谷君の話:今回の講演では,半順序集合に関するintersection graphとしてupper bound graphについてと, 新たに導入した2-upper bound graphについ ての研究結果を報告致しました。 講演では, 様々なグラフの構造を見ながら,それに関する半順序集合の構成について説明を行いました。 計算幾何学や位相幾何学など様々な離散数学系の研究者が集まりました。また,20日に行われた解析系と離散数学系の合同セッションでは,著名な研究者が各々の分野における興味深い問題についての講演を行いました。

川谷君の講演原稿から(定理5)の解説

川谷君の講演原稿から(定理5)の解説

大矢名誉教授のページが加わりました

2013/12/10

情報数理学科の大矢名誉教授のページが加わりました。本ホームページの左下にある「ooya」マークをクリックして下さい。数学とコンピューターを理解する,楽しむ教材が数多く紹介されています。

新しい指導要領では,中学校数学において多面体に関する性質を今まで以上に深く学びます。また高校数学では,「四分位数」,「箱ひげ図」などの目新しい用語も登場します。これから教員を目指す人,あるいは現役教員の方にも参考になると思います。

修士2年の川谷 元君(情報数理学コース)が,グラフ理論の国際研究集会で発表

2013/12/06

修士2年生の川谷 元君(土屋研)が,横浜国立大学で11月20日に開催された25th Workshop on Topological Graph Theory(TGT25) (http://tgt.ynu.ac.jp/tgt25/) において講演を行いました。

川谷 元君の話:今回の講演は「On strict-double-bound numbers of graphs and graph operations」というタイトルで,半順序集合に関する intersection graph についての構成や特徴について講演を行いました。 私にとって二度目の英語での講演でしたが,多くの方から意見を頂き,良い刺激を受けました。 国内外から多くの研究者が集まり,活発な講演や討論が行われ,有意義な国際研究集会でした。

川谷君の主定理の解説スライド

川谷君の主定理の解説スライド